なんでもないこと、みーっけた

飽きずに綴っていけたらいいな

福岡ミュオタに渡韓をオススメしたい10の理由

韓ミュ観たことある人もない人も、こんばんは!みけです。

突然ですが、私のツイッターのフォロワーさんの半分以上は韓ミュ未経験者です。元々はレミゼ垢だし、それに四季要素が加わってのミュ垢で、その頃からのフォロワー数の変遷を見る限り4分の3は韓ミュ関係じゃないのかな、という感じ。なのに韓ミュハマってからもずっとフォロー続けてくれてる優しい方々……ほんとにありがとうございます!!韓ミュ関連で繋がってくださった方々……これからもよろしくお願いします!!!

 

3年くらい前から突然韓ミュ沼にゴロゴロと転がり落ちてしまった私ですが、福岡に住んでる韓ミュオタが少ない。いや単に私に友だちが少ないだけかもしれないけど!!!!!もし、「え?福岡韓ミュオタめっちゃおるくない?」って人がいらっしゃったら紹介してください。話が逸れた。私に友だちが少ないせいかも知れませんが(悲しい前提)、とにかく私が知ってる範囲では福岡に韓ミュオタが少ない!!こんなに行きやすいのに!!!!というわけで、福岡のミュオタ、韓ミュ観に行こうよ♡、というめちゃくちゃ限定的な記事になっております。

 

韓国ミュージカルの観に行き方については素敵なブログをいくつか見たことがあるので、どうぞ検索してみてください。私にあるのはパッションと勢いだけです。

 

では、始まるよ!!

福岡のミュオタに渡韓をオススメしたい10の理由

 

1.近い

とにかく、近い!!!

知ってると思うけど、とにかく近い!!!!!

 

f:id:mikkerables:20190412194449j:plain

福岡から大阪までの距離が3.2cmなのに対して、福岡からソウルまで3.4cm!!!(※定規で)

 

まさかのアナログな測り方っていう。直線距離とか調べたら出てきそうだけどめんどくさくて調べ方よくわからなかったのでご愛嬌。

 

 

2.飛行機が安い

安さを証明するために、てきとーに来週の航空券を調べてきました。例えば土曜発で月曜日に帰るとして。

 

f:id:mikkerables:20190412194818j:plain

安すぎません???

最安値で行っても土曜夜と日曜昼夜の3本ミュージカル観て帰って来れるんですよ?

 

ちなみに私は最近は金曜発、月曜帰りが多かったのであんまり時間気にしてませんでしたが、初期の頃はとにかく海外にいるのが落ち着かなくて、1泊2日で帰ってました。その時は土曜昼夜観て日曜帰るとか、日曜昼夜観て月曜帰る、とかだったので、行きの飛行機はジンエアの9時台に出る便限定で取ってました。

 

f:id:mikkerables:20190412195246j:plain

ちなみに来週ので見ると、これ。もはや自分が突発したくなってくるっていう。やっぱり夏はちょっと高くなったりとかするんですけど、それでもきっと出せないほどではないのでめちゃくちゃ行きやすい。

 

ていうか冷静に考えてください。

来週飛ぼうかな……ってなって、この値段で飛べるんですよ!?ホテル代はまあ別にかかるとしても度々、え、行こ。ってなる私の気持ちわかってもらえます!!!?(知らねえよ)

韓国ミュージカルはキャストスケジュールが出るのが遅いという欠点があるんですけど、キャスケ出てから航空券とってもそんなに痛手じゃないっていう。しかも超早期で取る!とかじゃなかったら、日程が近づくにつれて下がったりする謎。とはいえ航空券は生き物なので(?)、下がれ下がれ〜って待ってたらなくなってたりするのでそこは注意ですけどね。

 

 

3.遠征のハードルが低い

なんせ福岡は観たいものや観たい俳優さんが、来ない!!!いや、違うんです。もっと大変な地域の人がいることも知ってるし、なんなら、そ、そんなに時間と労力をかけて!?って人もたくさん知ってるし、地方の中では福岡恵まれてないことはないとは思うんです。博多座もあるし四季劇場もあるし。でも!!でも!遠征して当たり前、みたいな感覚の人が多くて、やっぱり関門海峡を越えてくれない演目が多いのもまた事実だと思うんです。四季オタ時代は突発遠征が当たり前みたいな人達に囲まれてたし、今も仲良くしてもらってるし、なんならどう頑張ってもみんなで福岡で集まれる日ないし。そんなアクティブなお姉さん達に、いつ日本におるん?って言われるけど、福岡にいない福岡人に言われたくない!!!笑(※大好きです)

そんなわけで遠征ハードルが低い地方民のミュオタ達なら、韓国飛ぶのもそんなに抵抗ないと思うんですよね。安いし。ちょっと飛行機の向き違うだけやん??

 

4.終電を気にしなくていい

遠征先でミュオタ友だちと飲むと、あんまり遅くなった悪いな〜、とか、相手の終電気にしたりするじゃないですか。え?しない?解散。

基本夜ふかしはあんまりしない私ですが、ソウルに行くと韓ミュオタさん達と深夜までワイワイやってます。みんな遠征だから、時間を気にしなくていいのが幸せ。まあでもこれは今の付き合いにもよるし、ソウルでも人によると思いますが!

 

ここからはただ韓ミュの魅力について書きます!!

 

5.歌うまオバケがたくさんいる

え?その声どこから出てるの?ってレベルの歌うま俳優さんたちが、大劇場はもちろんそこらへんの(言い方)小劇場にも多数溢れてて、レベルの高さにほんとに驚きます。とは言っても耳がいいわけではないので、みんな歌うまーい♡へへへ♡みたいなことしか感じられてない残念な私です。きっと耳以外にも問題あるな。

 

6.舞台の動画がたくさんある

実際に観に行ってどハマリした時、気になるけどどんな感じかわからない時……とても助かる動画がたくさん!公式が出してる舞台映像が多いんですよね。ゲネプロみたいなのを生放送してくれたりもするし。字幕職人さんもたくさんいらっしゃるから、韓国語わからなくても大丈夫。そもそも字幕なくても舞台の雰囲気はわかりますし!!まあありがたい反面、沼をこじらせる原因にもなるんですけどね!!!喜んで沼に頭から突っ込みますけどね!!

 

7.韓ミュオタの先輩たちがみんな親切

やっぱり言語がわからないのであらすじとか予習していったりするんですが、この演目気になる〜って言ってたらあらすじ教えてくれたり、歌詞の訳を送ってくれたり、とにかくいたれりつくせりな韓ミュ沼界隈。私はまだペーペーなんですけど、とにかくみんな優しくて、親切で、軽率に沼に引きずり込んでくるとにかく優しい人たちです。

 

8.長身イケメンと長身美女がたくさん

私は別に背高い人が好きとかないんですけど、何観ても歌うまいイケメンいるからどうしたらいいかな?ってなる。

 せっかくなので(?)今イチオシの推し貼っておきますね!

f:id:mikkerables:20190412203625j:plain

かわいい。かわいすぎる。(聞かれてない)

小劇場だとカテコ撮れる舞台多いから、カテコ映像や写真がたくさん残ってるのも嬉しいところ。

 

9.何だったら私全部案内するから行こう

ネタ尽きました。尽きましたけど、案内するほどの土地勘も韓国語能力もないです。何回も言ったことあるけど、ひとりじゃない、くらいの効果しか発揮できません。でも、ひとりじゃ無理ー!でも韓国ミュージカル気になるー!!って人がいたらほんと付いてくんで声かけてくださいー!!一回行っちゃえば、行ける!ってなるよ。絶対。

 

 

10.トラブルも全部楽しい思い出に

 ふ、不穏……。トラブルが多いと言われてる私ですが、別に渡韓イコール、トラブル!ではないんですよ!!怖くないよ!!確かに推し(上の人ではない)のミュージカル観に行ったはずがマジックショー観てたりはするけど。

 

mikkerables.hatenablog.com

 

さすがに私もマジックショー観に行ったのは一回だし、公演中止もそんなにないし、大きい舞台ならまずそんなことにはならないので安心してください!!

そしていつ飛んでもわりと誰かがソウルにいるので、何かあっても一緒に笑い飛ばしてもらえるから大丈夫だよ!!!(大丈夫か?)

 

最後に不穏なことを言ってしまったけど、渡韓して、行かなきゃよかった……ってなったことは一度もないし、ハマったのを後悔もしてないです。フットワークが軽い福岡のみんな!!年に一度とかのゆるい気晴らしにどうですか!!?出待ちもできたりするよ!!

 

ちなみに今年の夏は、ロッキーホラーショー、ベンハー、マリーアントワネットなどなど日本ミュオタにも親しみやすい演目もあるよ!!!ベンハー違った。ただ私の推し演目なだけやった。

 

私で良かったら何でも伝えるし何でも相談に乗るので、韓国ミュージカル気になる〜って人はいつでも声かけてください♡福岡ミュオタに向けて書いたけど、福岡民以外でも!笑

 

おいでよ韓ミュ沼!!!!!

6時退勤ストーリー覚え書き

※わからない部分は妄想と推測で繋いでるので事実と違う場合があります。勘違い、誤訳多々あると思います、ご了承ください!

更に言うと、動画見てたら、私が書いとること違うやん!ってなった部分もあるけどめんどくさくて書き直してません。いやそこ書き直せよ。ごめんなさーい!




舞台は光化門にある製菓会社アフタヌーン、広報2課。ある日、社内の忘れられたブランド『秋の月パン』の売り上げを引き上げることができなければチーム解散という会社からの一方的な通達。与えられたものは、少ない予算と短い広報期間。苦悩に陥った広報2チームは打ち合わせの末、会社員バンド『6時退勤』を作り、直接広報へ踏み出すことにしたのだが……。


ジソク代理がひとり、話している場面で開幕。面接を受けてるのかな。前の会社をやめた理由を聞かれている気がするけど、曖昧すぎてなんとも。話が長くなりますがいいですか?と、いうジソクの言葉から始まります。

M1:出勤する

7人の社員がそれぞれの立場や想いを抱えながらも元気に出勤する様子を歌ったナンバー。非正規社員だけどいつかは生活がよくなると信じてたり、シングルマザーで娘との関係に悩んでたり、長いこと働いてるけど毎日どうやって乗り切ろうか考えていたり、毎朝の満員電車は辛いけど育ててくれた祖母のために頑張ってたり……本当に様々な境遇で、だけど自分や家族のために頑張っているのは共通してる。そんな7人の元気いっぱいなオープニングナンバー。初めて6時退勤を観た時、この明るいオープニングを観た瞬間に「あ、これ観に来てよかった」ってなりました。

한발 또 한발 천천히 내딛어 견디고 또 살아가보자
一歩また一歩 ゆっくり踏み出し、耐えてまた生きて行ってみよう

この歌詞がすごく好きで、ついつい毎朝聞いてしまうナンバーだったりします。仕事楽しいぜ出勤するぜウェーイ!な曲ではなくて、国は違ってもすごく共感できるというか、辛いこともあるけど私も頑張ろうかな!ってなる一曲。ダンスも可愛くて、私そろそろ踊れる気がする……と思って踊ってみたけど記憶と体は別でした。脳内再生できても踊れん。

この曲が終わると、舞台は会議タイムの広報2課へ。なんと、アフタヌーンの製品である〈秋の月パン〉の売上を30日で倍にしなければ、広報2課は解散させられてしまうという通達が来たと、課長から伝えられます。(昔からある菓子製品らしく、インターンであるウノのおばあちゃんが好きらしい。カスタードみたいなクリームがちょっと入ったマドレーヌみたいなお菓子。)解散……となったボゴ、心の声登場。本編中に時々現れるんですが、舞台真っ暗でスポットライトがボゴにあたる形。あ、ボゴ主人公なの?ってなる瞬間。解散になったらどうしよう…大好きなダヨンさんにも会えなくなる…と、立ち上がって向こうにいるダヨンに「ダヨンさん〜あんにょん〜」と手を振るボゴ。スンホンボゴは高身長ネタをよく持ち出してくるので、この時のバイバイも手を思いっきり伸ばしてて、ソンイル課長だと空振るのが可愛い。たぶん一回素で空振ったけど、そこから定番化した様子。明日の会議までにいいアイデアを各自持ってくるように伝えられ、その日は解散。


M2:Dead Line

社畜ナンバー。めちゃくちゃ辛そうだけど机に座ったまま行うダンスが面白くて、なんやかんや好きな曲。絶望感と悲壮感しか漂ってはないけど、こっちまで落ち込むことはないのが6時退勤のコメディータッチなところかな。


デッドライン 30日目

疲れ切って倒れても守る

デッドライン 30日目

私が死んだとしても守る


M3:物価上昇率

翌朝のアフタヌーン製菓会社。9時出勤なのに9時5分、エレベーターで出会うソンジュン代理とヨンミ主任。それぞれ子持ちなふたりは子育ての大変さや不況による生活の厳しさを歌いながら、激しく踊ります。ルンバ調らしいんだけど、それがまた楽しい。バックでは既に出勤してる社員たちが机に座って踊ってるんだけど、地味〜〜に面白い動きしてるから目が離せません。個人的に「(エレベーターで)上がっていけば待ってる課長の小言」の歌詞のところでハシゴらしきものを登ってる社員たちが可愛くて好き。

踊りを終えて事務室に到着したふたり。「今何時だと思ってるんだ?」と課長に怒られ、「9時8分です」と答えるソンジュン代理。エレベーターに乗り込んだのが5分だったのに3分経ってる。どう考えても踊りすぎです。もしくはエレベーター降りてからめちゃくちゃ遠かったか。小言を言われてソンジュン代理が席に着くと、会議が始まります。ダヨンさんの「プロモーション動画を作る(違うかも)」案は却下され、ジソク代理の「有名人を使ったスターマーケティング」も予算がないということで却下。一同ため息。そんな中、ソンジュン代理のカトクが鳴ります。

♪カトッカカカカカトッ
課長「誰だ!?」
ソンジュン代理「チョヨッチョチョチョチョチョヨッ(僕ですっぼぼぼぼ僕ですっ」

呆れながらも差し出されたソンジュン代理のスマホを受け取ると、ベースを弾いているソンジュン代理の写真(動画?)。ギター?と聞く課長。訝しげに「まだベース続けてるのか?」と小声で尋ねるジソク代理に目配せして、「ベースです」と娘の保育園で披露した話をするソンジュン代理。しかし信じてもらえず、またまた〜〜とみんなから返されてしまいます。

「本当だって!大学の頃バンドを組んでいてジソクがリーダーだったんですよ」

とベースを弾くフリをすると、音楽が。その音楽に合わせてエアベースを見事に弾きあげると、周りの社員も信じて、オーッと歓声が上がります。やめろよ…とばかりに止めようとしたジソク代理も体が動き出し、エアギター。そこへ、ピアノ経験者のダヨンさんもエアピアノで加わり、エアセッションに。

「会社員バンドみたいですね!!」

そんなウノの一言で、ジソク代理以外は「バンドを作ってPRするのはどうか」という方向に。ジソク代理は真面目で完璧主義だしギター燃バンドも経験者なので、そんなに簡単にできるものじゃない、と。しかし軽く無視されるジソク代理。

「あ、でもあれがいない!ドラム!」

ソンジュン代理の言葉に課長が見渡せば、足でリズムを刻んでいるウノ。

課長「コ・ウノ!」
ウノ「はい!インターン、コ・ウノ!一生懸命頑張ります!」
課長「一生懸命ドラムをやれ」
ウノ「はい!……はい??」
課長「よし!」
ウノ「…ドラムやったことないんですが」
課長「今からやれ」
ウノ「……はい!インターン、コ・ウノ、今からドラムを頑張ります!!」

と、無理やり押し付けられる形で決まるドラム。最後に、「ボーカルがいません!」となるが、ヨンミ主任の「この前のカラオケ思い出して!」の一言でスポットライトは課長に。いや、歌えないよ〜と言いながらもノリノリの課長……ではなく!非正規社員のチャン・ボコが歌っていたのでした。初めて観た時は課長が口パクでボゴが声あててるの気づかなくて、スポットライトがボゴに変わったときに素で驚いた私です。そんなわけで会社員バンドを結成することになった広報2課。「ダヨンさんが作詞してそれにボゴさんが曲をつけて秋の月パンの宣伝曲を作ってはどうか」という課長の案に、ダヨンさんと一緒に……?と嬉しそうなボゴ。俳優さんによってはソンジュン代理が、よかったな〜ってボゴに肘打ちしてたりする。

M4:僕の夢

youtu.be
イ・スンホンさんバージョン

youtu.be
イム・ジュニョクさんバージョン

youtu.be
チョ・プンレさんバージョン


誰よりも先に練習室へやってきたボゴ。誰もいないことを確認すると、よっしゃー!!とばかりにガッツポーズ。シンガーソングライターを夢見ていたボゴにとって、バンド結成は願ってもないこと。とにかく音楽に携わることができるのが嬉しいようです。練習室にあるドラムを触ってみたり、ダヨンさんのピアノ〜とキーボードを触ってみたり、フォークギターで自作の曲を弾き語りしてみたり。弾いてはみるけどブランクが相当あるようで、初めに弾いた時に指が少し切れてしまいます。痛っ…って指くわえるボゴ可愛い。気持ちよく歌ってるところで気配を感じて振り返ると、ニヤニヤしているダヨンさん。

ダヨン「その曲ボゴさんが作ったの?」
ボゴ「はい、練習作ですけど」
ダヨン「さすがー!」

大好きなダヨンさんに褒められてまともに目を合わせられないボゴは、ダヨンの声かけに「はいはい」と口癖になってる返事で返します。「はいはい?申し訳ありません〜笑」ってダヨンさんに言われてるからたぶん肯定しちゃダメなことも言われたんだと思われるけど。それを誤魔化すように、「曲、全部書いてきたんです!」とボゴ。

ダヨン「わ〜すごいわね、ボゴさん」
ボゴ「すごくはないですけど……」

ここでスンホンボゴはまんざらでもない様子で壁にかっこつけてよりかかるんですが、ダヨンさんはスルー。このあたりの会話はよくわからないんですが、やりたいことの話かな?「旅行を書いて…」というダヨンさんの発言に、「旅行?」と反応するボゴ。そこからダヨンさんの夢の話が歌とともに始まります。ダヨンさんの夢は旅行作家。そこから、ボゴのシンガーソングライターの夢の話が始まります。「かっこいいね、シンガーソングライター」「かっこいいですよ、旅行作家」と微笑ましい雰囲気のふたり。

そこへ、ジソク代理が足早にやってきます。続いてウノとソンジュン代理。嬉しそうにハイタッチしたり足組んで回ったりとノリノリなふたり。そこへ課長も登場。ボゴがCMソングの楽譜を配り、演奏してみることに。

「それじゃ、ウノさん、プリカウントお願いします」

とボゴがウノに振るも、音楽未経験のウノはわかるはずもなく課長に聞くも、課長もわかるはずもなく「フリーカウントだから自由にやれらいいんじゃないか?」とかてきとーなこと言って、「一生懸命頑張ります!」という謎の宣言をするウノ誕生。ちーん。「ボゴさんがやってください」とソンジュン代理に言われ、ボゴがワン、ツー、ワンツースリフォー!とプリカウント。いやそもそも何でウノに振ったんだ。

さてそんなウノ。初心者なので叩き方も全くわかっていません。バーン!バーン!ととにかく力いっぱい叩き、演奏どころではなく。いったん中止し、ボゴによるドラムの叩き方レクチャー。といっても、「クンパー、クンクンパー」というめちゃくちゃ短いレクチャー。クンがシンバルで、パーがフットドラム。ジェスチャーで教えるけど、初心者のウノは「くん!ぱー!くんくんぱー!」と全力の大声で返します。戸惑い全開ながらも半笑いで「かわいい」と返すボゴ。とりあえず、ということで始めてみるも、ウノの全力のクンパーのせいで、まともに演奏にならず。「やい!クンパー!!」とジソク代理がキレてしまいます。結局この日は解散。そこへ遅れてやってきたヨンミ主任。ボゴに楽譜を渡され、ひとまずタンバリンの練習を始めます。そこへ、一本の着信。相手はチェロを専攻している中学生の娘。「迎え行けないって言ってたじゃない〜」とちょっと不満気味なヨンミ主任でしたが、すぐに、「ママが忘れてたわ、ごめんね……」と。チェロのレッスン費の支払いを忘れていた様子。


M5:私のママも
私のママもこんなに大変だったのかな。夜ひとりで泣いてたのかな。と、母としての辛さや不安を歌っているナンバー。泣きながら歌うヨンミ主任の姿がとても切ない。シングルマザーのヨンミにとって、稼ぎ頭は自分。お金の心配や、ひとりで娘を育てていくことの大変さ。様々な感情が暖かいメロディーに乗って切々と歌われます。普段は明るいヨンミの、現実的な一面を見せるワンシーン。


前回の練習が大失敗に終わってから、各自練習を重ねるメンバーたち。ギターを練習しながらもクンパーが頭から離れないジソク代理。双子の娘に「パパかっこいいだろ?」とベースを披露するも「うるさい」と一蹴されてしまいます。彼女に会いたい♪という歌詞を、ダヨンさんに会いたい♪と替え歌してニヤニヤしてるボゴは可愛い。ダヨンさんは眠気と戦いながらキーボード頑張り中。「あーもう4時間しかない!」は、寝る時間がってことかな。そして肝心のドラム。できないよ〜とへこたれかけたウノですが、「いや……いや!!できる!僕は天才コ・ウノだから!!」ワン、ツー、ワンツースリーフォー!ウノのプリカウントでスタート。

前回よりは形になっているものの、完璧!には程遠く。ダメだーーーと肩を落とす一同。「どのくらい練習した?」という課長の言葉に「いや違うんです…あの!!」と言い繕おうとするメンバーたちでしたが、続く言葉は意外なもので。

「どうしてこんなに上手くなったんだ?」

すごいじゃないか!と嬉しそうに続ける課長に、湧くメンバーたち。完璧主義なジソク代理が、「これのどこが……」と課長に詰め寄りますが、いいから!とばかりに勢いで押し通す課長。この調子で行こうと言う課長に、浮かれ気味のメンバーたちと、眉間にシワの寄ったジソク代理。しばし気まずい空気が流れたところで、ジソク代理が口を開きます。

「テンポが遅すぎる。まず俺が弾くからついてこい」

ジソクのギターに先導されて始まった演奏は、先程までとは違い素晴らしいもので。「本物の会社員バンドみたいです!」というウノの言葉に、頷く一同。写真とりましょ!!!ってウノのセルカで記念写真。俺はいいよ〜いや撮りましょうよ〜って課長とソンジュン代理がわちゃわちゃやってる間に撮っちゃう回もあり。

バンド演奏を録音したものをスマホで聞かせるジソク代理。意外にいいでしょ?と少し得意気。ここがいまいちわからないんだけど、これは面接先の人に聞かせてるのかな。それとも会社の人に、こうやってPRしますって伝えてるのかな。

一方、他のメンバーたちはソンジュン代理の「6時退勤はどうかな?」という提案がきっかけで、バンド名について話し合います。

「いいんじゃない?」
「悪くはないね」

などなど肯定的な意見がある中、ボゴは心の中でブラックボゴに。「韓国で6時退勤する会社がどこにある?」と心底呆れた顔でぼやくボゴ。しかしボゴがそんなことをみんなのまえで言う訳はなく。「だーけーどー」からの満面の笑みで、「すごくいいですね!!!」と賛同します。腹黒すぎない?ここで決まるかと思いきや、ダヨンさんはやや渋り。難航するかに思われたが、ダヨンさんがまた一言。

「あ、6時退勤いいんじゃない?全会社員の夢だし」

「いいね!!」と全員一致でバンド名は6時退勤へ。「僕が先に言ったんですよ?」と言うソンジュン代理は無視されています。どんまい。そんなわけでバンド名も決まり、本格的に始動する6時退勤。「よそっし、てぐん!」ポーズで次の場面へ。プンレボゴは最初、え?何のポーズ?ってなりつつ、2回目ではしっかり合流。


M6:6時退勤

ウノが《秋の月パン》を客席に配り、「6時退勤」の初ライブ放送スタート。まずは曲に載せてメンバー紹介。

僕らの頼もしいマネージャー ノ・ジュヨン課長
城北区の保育園のスーパースター ベーシスト アン・ソンジュ
一時 清汁の女子高生を感動させた ギタリスト ユン・ジソク
リズム 歌 ダンス 何でも多様な万能エンターティナー ソ・ヨンミ
モーツァルト ベートーベン あっちへ行け!キーボード チェ・ダヨン
僕らのチームのメインボーカル チャン・ボゴ

歌にダンスにノリがいい曲なので、見ていてとても楽しい。インスタイメージのライブ放送なので、舞台後方ではライブ放送画面が映像として流れていたり、途中でメンバーが中央に集まって視聴者からのコメントを読む場面も。ここはアドリブなので回によってウノが好き勝手にコメントを造っている様子。「ボーカルのオッパめちゃくちゃかっこいいです!」「ギターの人、手がセクシー」「キーボードのお姉さんきれい〜彼氏はいますか?」などなどウノが読み上げていくコメントに、それぞれ答えるメンバーたち。課長もかわいい〜と言われて嬉しそうだけど、ここボゴによっては「はあ?」って顔してます。

初めてのライブ放送が終わり、胸をなでおろすメンバー。そこで、PR時間、一曲じゃ余るんじゃないという話に。それなら私が、とヨンミ主任がタンバリンで踊り出すのは制止され、それなら…とソンジュン代理が大学時代にバンドでやっていた曲をやろうと提案。覚えてない、と返すジソク代理に、「体が覚えてるはずだ」と自信満々なソンジュン代理。決めポーズを強制されるジソク代理が可愛い。なんやかんや全力で謎の決めポーズする俳優さん、サラッと流す俳優さんと様々だけど。


M7:シンデレラマン
ギターとベースでかっこよく前奏スタート。その間に秋の月パン宣伝タスキをつけ、秋の月パンを客席に配る課長。ちなみにヨンミ主任もタスキつけてる。この曲、パンクロック調でTHEバンドって感じでかっこいい。後方のモニターに音楽会って書いてあるので、これは音楽会に参加してる設定の様子。出演グループも書いてあるんだけど、Traxやフラワーなど、出演者が実際に所属してるグループ名が書かれてるのが面白い。奇跡のコラボ。

なんとかこの舞台も立派に努め上げ、よそっしてぐんでした!と挨拶をして締める6時退勤。お尻が火を吹きそうなソンジュン代理がトイレに行き、ふー!とその場に座り込むメンバーたち。何やら色々言ってますが聞き取れない上に覚えてません。ひとりでブツブツ言ってて課長に止められてもブツブツ言ってるパクウンさんのジソク代理は可愛かった。そんなこんなで盛り上がってるメンバーのもとへ、ソンジュン代理が帰ってきます。「もう部長たちが来てる!」というパニックな一言とともに。まだ予定まで30分あるのに?とザワザワしてるメンバーたちから察するに、30分後に百貨店でのPR活動の予定が勝手に早まったらしく、もう始めろと勝手に早く来た部長に言われているという流れの様子。上司の命令には逆らえない会社員たちは、あわあわしながらも何とか初めようとします。しかし、ギターとベースの音が出ず、マイクも音がでなくなる大惨事。盛り上がるはずもなく、課長の「よそっし!」の掛け声にもほとんど返ってこず。いや日によってわりと返ってきてることあるけども。肩をガックリと落として帰ろうとする課長をソンジュン代理が呼び止め、慰められると思って手を出した課長に「マイク(返してください)」と無情な一言。あ〜も〜〜という他のメンバーたちの表情が何ともリアルです。


M8:私の家、私のソウル

youtu.be


PRが失敗に終わり、部長に小言を言われる課長。単身赴任で外国に娘と息子がいることが語られます。人前でスクワットみたいなポーズをさせられたり、辛いのに必死に笑顔でいる課長が切ない。小言が終わり、床に座り込む課長。そこへジソク代理がやってきて、部長に何を言われたんだ?と怒ります。大丈夫だからそんなこと言うな、と優しく制止する課長。ジソク代理、仕事上は基本的に誰にでも敬語だけど、ここはパンマルなんですよね。仲良し。という雰囲気でもないけども。私の家、私のソウル。ただただ過ぎていく日々の虚しさを、広報2課のメンバーたちが切なく歌うナンバーです。


今日もよくできただろうかと何度確かめてみても

相変わらず小さくてつまらない僕

ウノの歌う歌詞が個人的にいちばん刺さるし、切ない。国は違うけど、至るところに共感できるポイントがあるのが、よそっしの魅力だと思います。



M9:クンパークンクンパー

youtu.be
キム・ジョンモさんバージョン

youtu.be
カンチャンさんバージョン

youtu.be
イ・ミンジェさんバージョン



ソロでドラムを披露するウノ。ドラムとして一番の見せ場と言っても過言ではないくらい、めちゃくちゃかっこいい。演奏が終わってスティックを投げると、客席からは、フー!!という歓声。そんな歓声を煽るだけ煽っておいて、「空耳かな」って流すヒョクソンウノ笑う。家に帰ろうとするも、もう明け方。このまま会社に行っちゃえー!と、ジャンプをして出社します。「近いなー」とウノ。そりゃそうだ。事務室にひとりだーとウキウキしながら、課長のマネをしたり、ジソク代理のマネをしたりして、「いやだー!!」と一人芝居をするウノ。ちなみにミンジェウノが一番再現率が高い。喉の調子を整えてマネしてる。「イヤだー!」がガチすぎて怖いのはジョンモウノ。エアで蹴り入れてる。いつもハイハイ言ってるインターン、コ・ウノですが、随分不満が溜まっている様子。本人不在とはいえ、反抗してみて気分がスッキリしたウノに、「インターン、コ・ウノ!」と声が降ってきます。怖がりながらも、何気なく「クンパークンクンパー」と呟くと、空からドラムの音。「これは夢?」と天に聞くと、それに答えるかのようにライトが点滅。「夢か!いいね!!」と、みんな大好きクンパーソングへ。とにかくこのクンパーソングがめちゃくちゃかわいい。「僕は天才、コ・ウノ!あじゃ!あじゃ!」がかわいすぎる。ヒョクソンウノはクンパー入る前に手をバサバサさせて飛び立つのもかわいい。このクンパーソングはどのウノも可愛くて癒やされる。


クンパークンクンパー 魔法の呪文

クンパークンクンパー 何でもできる

ランプの中のジニーは出てこないけど

僕が君のジニーになってあげるよ


歌詞だけで可愛さの塊です。ジニーになってほしい。でももうこれは見た方が早いので見てください!!!!!


クンパーはウノの夢の中で展開されるので、現実のウノは他の社員が全員出勤してきても机の上でぐっすり。課長に「コ・ウノ!」と呼ばれても「はい!インターン、コ・ウノ!いやだー!」と寝言で返す始末。ここで遠くから足鳴らしたりして起こそうとするホンボゴかわいい。何度目かの呼びかけで目を覚まし、「クンパーはもう終わったんですか?」と聞き、「終わったよ、お前もな」と首切りジェスチャーするソンジュン代理。その後ろで頷きながら首切りジェスチャーしてるホンボゴもかわいい。ウノは課長に促されて、風にあたりに外へ。残った一同は、会社員バンド以外の方法でPRすべく、話し合います。そこで、ラップバンドアイドル(ってなんだろう)グループにツテがあるジソク代理の案に、予算が降りるか掛け合ってみる、と課長。その後、追加予算が降りたと朗報が入り、アイドルグループでのPR活動に向けて動き出すことになりました。しかしジソク代理は任された仕事への責任感からか、ピリピリしています。ボゴに任せていたはずの仕事をダヨンさんが引き受けていて、「何故ダヨンさんが?」と怒るジソク代理。「こんがらがってしまって…」と答えるボゴに、「いつまでこんがらがっているつもりだ!?」と声を荒らげ、去って行きます。暗くなる室内。「申し訳ありません」と頭を下げるボゴ。落ち込むボゴを慰めてくれる優しいウノ。


M10:家族の顔

それぞれの家族への想いが溢れるナンバー。仕事ばかりで家のこと全部任せてごめんな、と妻に謝る課長。仕事つらくないよ、今度家に帰ったらまた肩揉んでげるね、と涙を堪えながら育ての親である祖母に伝えるウノ。今日も残業。私は大丈夫。心配しないで。会いたい。様々な想いが交錯する中、ライトはジソクとソンジュンに。ソンジュンはジソクがボゴやウノに必要以上に厳しくしていたことで、心配になったようです。妹(弟かも)も大丈夫か?と聞くソンジュンに、大丈夫だよ、と返すジソク。妹に、体はどうだ?薬は飲んだか?俺は大丈夫だよ、と電話するジソク。電話を終え、ジソクはひとり、歌い始めます。


M11:大人になっていく道

病気がちな妹のためにミュージシャンの夢を諦めて会社員として生きていくことを決めたジソク。一見冷たくて怖いジソクの、見た目に反する脆さや苦悩が詰め込まれている曲で、切ない。


大人になったということは何も望まないこと

大人として生きていくことは自分の人生を諦めることだ

過去に自分が夢見た未来は音楽でいっぱいに満たされていた

今は僕が誰だったのか 記憶さえ出てこない

もしかしたら僕はまだ大人になっていないのか

もしかしたら僕は永遠に大人になれないのか


ところ変わって、タクシーを待つダヨンさんとボゴ。大好きなダヨンさんとふたりきりで、ソワソワしてるボゴがかわいい。何か話をしたいけどやる気が空回りして上手く会話が繋がらない、不器用なボゴ。そこへ何を思ったか、課長の寒いオヤジギャグをマネするダヨンさん。

「よりぼごちょりぼごちゃんぼーご!ふっ!(あっち見てこっち見てチャンボーゴ)」

ボゴ心の声発動。対課長なら暴言が出てくるボゴですが、やっぱりそこは最愛のダヨンさん。「可愛らしい…」と目がハート状態です。そんなボゴが可愛らしい。勇気を出したボゴが、ウノと3人でご飯行こうみたいな話を振ると、いいね〜とダヨンさん。いいんですか!!?とテンション上がるボゴだけど、このへんよく聞き取れず。ちょっと怒ったフリをしたダヨンさんにボゴが焦ると、冗談だよ〜と笑うダヨンさん。可愛すぎて腰を抜かすホンボゴ。他のボゴも腰は抜かさないけど目がハート状態。その流れからか割り勘の話題になったようで、えん!ぱん!(割り勘)と銃で撃つフリをするダヨンさんに、撃たれたフリで返すも、自分で納得がいかなかった様子。もう一回撃ってくださいと無謀なことを頼み、大袈裟に撃たれたフリをするボゴ。もちろん白けて気まずくなります。謎の芸人魂発揮するのはもうやめよう!一瞬気まずい空気が流れ、また何かに話題を振ろうとしたボゴでしたが、タクシーを呼び止めるダヨンさん。お疲れ様です〜と見送り、ため息。
 

M12:そんなありふれた愛の言葉さえ言えない青春たちへ

違う世界で出会ってたら好きって言えたかな、なんてどこまでも自分に自信がないボゴの曲。30歳を前にした男の悩みがリアルすぎて胸が痛くなったり、ならなかったり。


場面変わって、会社。ラップバンドアイドル(?)によるPRイベントの準備が着々と進んでいる様子の広報2課。イベントのテーマカラーか何かについて黒か赤かで盛り上がるソンジュン代理、ヨンミ主任、ダヨンさん、ウノ。黒派のヨンミ主任と赤派のソンジュン代理はそれぞれ「〜おごってあげる」とモノで若手を釣ろうとしたりしつつ、とても楽しそうな4人。そこへ課長が赤いカーディガンやら赤い帽子やらを身に着けて登場。俳優さんによって違う。浮かれまくりです。しかしそんな広報2課に、焦った様子のボゴが走ってやってきます。なんと、出演予定だったグループのメンバーが飲酒運転で捕まったというニュース。「私の責任です。申し訳ありません」と他のメンバーに頭を下げるジソク代理。そのまま会場へひとりで赴き、集まった客や記者たちの前に出て、謝罪と説明をします。しかしそこへ、客席を通って他のメンバーたちが舞台へ。わけがわからずポカンとするジソクの肩を、大丈夫とばかりに優しく叩くボゴ。「こんにちは!6時退勤です!」とみんなで挨拶を終え、ジソク代理は課長に連れられてギターのもとへ。ボゴは舞台の中央でひとり、客席に語りかけます。「予定していたライブができず、申し訳ありません。せっかく来てくださったのに、本当に残念ですよね。なので一曲、一曲だけ聞いてくれませんか?タイトルは……僕の名前」そう言い、アカペラでワンフレーズ歌うボゴ。気が弱くて自信がなくて、でも夢は諦められなくて……そんなボゴが、こんな大勢の前で頑張ってる。それだけで泣きそうです。ワンフレーズ歌い終わり、ジソクの方を向き、頷くボゴ。まだ動揺を隠せないながらも、弾き始めるジソク。この時のボゴがみんなを見る眼差しがとにかく暖かい。歌ってる人のことを、すごく暖かい眼差しで見つめてるんですよね。それだけでもう泣けます。バンド結成から見てきてるので、1時間半くらいですっかりファンになった気分になれます。終演後にはきっとあなたも(?)すっかり6時退勤のファンです。そして、ライブは大成功に終わります。


場所は、事務室。ダヨンさんが、これ喉にいいから〜とボゴにお茶をプレゼント。あ〜喉に!とめちゃくちゃ嬉しそうなボゴ。何やらいい感じのふたりに、ニヤニヤするメンバーたち。ぽ〜ごいっそ〜どぽごしっぷん♪と、また名前をいじってからかう課長。ブラックボゴいわく「僕が辞職する本当の理由」とのこと。ここの黒い表情めっちゃ好き。そこへ遅れてやってきたジソク代理。「すみません車が混んでて」と言い訳するジソク代理に、「いつまでこんがらがってるつもりだ!」などなど、ここぞとばかりに今まで言われてきた言葉で責める広報2課一同。わざとらしく「いや一生懸命やってるんですから!」と庇うボゴ。それに、「一生懸命やるんじゃなく、ちゃんとやれ!」とジソク代理のモノマネをジソク代理に向かってするチャレンジャーなウノ。言ってやったぜ〜な雰囲気だけど、ジソク代理の表情を見て散っていくメンバー。

「コ・ウノさん」
「はい…インターン、コ・ウノ…」

怒られるかと、思いきや。

「いや……一生懸命頑張る!!だって僕は天才ユン・ジソクだから!!!」と愛嬌全開でウノのマネをするジソク代理。めっっっっっっちゃかわいい。ギャップ萌えで殺されるかと思うかわいさ。


そしてラスト。序盤のシーンに繋がります。ボゴさんが羨ましい、自分が恥ずかしいだのなんたら。聞き取れませんが何か語ってます。こういうわけで、前の会社を退職しました。この会社でも一生懸命……でライト消される切なさ。いや笑う。


それでここから楽しいカテコ!!!カテコは何でもあり。一緒に叫んで一緒に飛んで一緒に歌って最っっっっ高に楽しいのがよそっしのカテコです。本気で日本でもやってほしいし、日本のミュオタの方々にも観てほしい!!!動画だけでも観てもらえたら、嬉しいです♡


てことでカテコいっぱい貼っとこ。




youtu.be
シンデレラマン
スペシャルカテコの流れでスーツ来てるイ・スンホンくんバージョン



youtu.be
シンデレラマン
珍しく革ジャン着てるイ・スンホンくんバージョン



youtu.be
クンパークンクンパー 



youtu.be
脱いでるしセクシーすぎるしでボゴということを忘れがちなチュ・ジョンヒョクさんバージョン



youtu.be
6時退勤テーマソング

2019/2/17(日)昼夜:6時退勤

正直、遠征する前まで、チケットとったけど別の演目観ようかなー?と思ってたんですよね。けどフォロワーさんに、ジョンヒョクボゴの話を聞いて、観たいな???ってなって、気付けばマチソワしてました。

ちなみにチケットだけとってたのは、マニアカードのため。1公演で1個貯まるスタンプを12個集めたら非売品のOSTもらえるんですよ??やばくないです??しかも数曲を、全キャストバージョンでそれぞれ入ってるっていうめちゃくちゃ魅力的なOST。もらうしかないやんそんなん。

というわけで、まずは気になってたジョンヒョクさんのボゴ!!

f:id:mikkerables:20190224175929j:plain

本編中は、なかなか残念な感じだけど時々可愛いボゴ。テンションが上がったり下がったりがわかりやすくて面白い。楽器は、(ボゴの中では?)めちゃくちゃ弾ける。ギター弾くとき他のボゴは弦で指切っちゃうけど、ジョンヒョクボゴは切らないし、慣れてる。ストロークも違う。他のボゴはジャンジャンジャンって感じなのに、ジョンヒョクボゴは、ジャンジャカジャガジャカって感じ。とにかくちょっと弾き慣れてる。ピアノも弾いちゃうしドラムも他のボゴよりも色々触る、楽器が好きなボゴ。そんなに色々できるのに、自信はなさげで、最後に客の前で「僕の名前」を聞いてもらうときに、すごく自信なさげで、緊張してる。ホンボゴは緊張してるけどたぶんどこかで自信はあって、一曲聞いてもらえば僕たちの魅力をわかってくれるはず、と思ってる感じ。ここのジョンヒョクボゴはとにかく弱気で、でも歌い出したらかっこいい。

カテコのジョンヒョクボゴはめっちゃセクシーで、いや誰???????ってなりました。客への絡み方がやばい。あんなん落ちるやん。もっかい見てみたかったな。

いつでも可愛いヒョクソンウノは開演前の挨拶、注意事項で謎の笑い声を入れすぎて自分でツボってしまってた。なんだその可愛さ。

課長がボ!って言ったら観客からゴ!って返ってくるのはめちゃくちゃ洗練されてるなって思った。私も今回はちゃんと(?)参加できた。よかった。この課長だけ、赤いもの身につけてくるときにキャップなの似合ってるけど笑う。


f:id:mikkerables:20190224180012j:plain
ちなみにこんなキャスト。


続いてソワレ!

f:id:mikkerables:20190224175944j:plain

プンレさんのボゴはとにかくテンションが行方不明というか情緒不安定というか挙動不審で面白い!!ソンジュン代理の真似してアアッ!!って言ってみたけど盛大に滑ってめちゃくちゃ気まずそうな顔してるのは可愛かった。

いつでも可愛いヒョクソンウノは、クンパーの中で課長の真似して、ボ!ゴ!ってやるんだけど、課長がやるのもわかるな〜みたいなこと言ってて。それにしてもやっぱり洗練された客席である。

カテコでギターが鳴らなくなるトラブル発生したときに、じゃあ近くで聞かせよう!ってことでベースのソンジュン代理が率先して客席降りしたのにノッてもらえなくて何故かひとりで客席でベース弾くのもだいぶ面白かった。ちなみにギター直してるときにウノがドラムスティックを首の後ろに入れてジーッとしてるの可愛いけど意味わからんかった。

f:id:mikkerables:20190224180153j:plain
ちなみにキャストはこちら。


そんなわけで終わってしまった私の青春……じゃなくてよそっし。よそっしマラソンを駆け抜けた今の気持ちはめちゃくちゃ寂しいで溢れてるんですけど、再演待ってます!!!!!

2019/2/16(土)夜:6時退勤

私のホンボゴマッコン……
めっちゃ切ない…と思って観始めたけどトラブルやらアドリブやらでめっちゃ楽しい公演になりましたー!!よそっしー!!!てぐん!!(言いたいだけ)


f:id:mikkerables:20190224172937j:plain
オープニングナンバーでちょろっとシャツが出てるホンボゴ。出たとかじゃなくて基本的に最初からいつも出てるのが可愛い。

f:id:mikkerables:20190224172951j:plain
一部のよそっしファンの間で有名になった【新しいイヤリング事件】※名前は勝手に付けました。ソンジュン代理の社員証が耳に引っかかって取れなくなるというハプニング。が、ソンジュン代理のジュイルさんが元々めちゃくちゃ面白い方なので、会場中が笑いに包まれました。必死にとろうとするけど全くとれなくて、とろうとしながら歌って踊る姿が面白すぎた。

f:id:mikkerables:20190224173003j:plain
そんなソンジュン代理を見て笑いを堪えてる社員全員。プルプルしてるスンホンくんめっちゃ可愛かった。結局ナンバー終わったあとに課長が「今何時だ?」ていうセリフの代わりに「新しいイヤリングか?」って聞いて社員証とってあげてた。

f:id:mikkerables:20190224173016j:plain
ソンジュン代理がベース弾けるって話で、嘘つくな!!!!!とばかりに手帳投げつける怖いウノ。どーどーってやってるボゴさらんすろうぉ。

f:id:mikkerables:20190224173042j:plain
クンパーが終わって、風にあたってこい的なことを課長に言われて出ていくウノに便乗しようとするソンジュン代理。いつもはすぐに課長が、お前は座れ的に止めてくれるんだけど、この時は全く止めてくれなくて、チラチラ課長見ながらドアに向かっていくのにやっぱり止めてくれず。その間にしれっとソンジュン代理の席に座るボゴ。そういうのほんと可愛すぎるからやめよう?????ホンボゴ代理爆誕の瞬間であった。パクウンさんのジソク代理に、ボゴさんこっちに来てくださいって言われて戻ったけど。

f:id:mikkerables:20190224173106j:plain
喉にいいから〜ってお茶くれるダヨンさんと、あ~喉に!って嬉しそうなボゴ。そんないい感じのふたりに、「これも喉にいいから…」って謎のでかいお茶みたいなのを持ってくるソンジュン代理。笑わせすぎや。ケンチャナヨ〜ってめっちゃ冷静に断るボゴにも笑った。


f:id:mikkerables:20190224175157j:plain

最高のホンボゴ納めとなりました♡

2019/2/15(金)夜:6時退勤

f:id:mikkerables:20190224161910j:plain
行ってきました、よそっしてぐん!!!

\よそっしーー??/
\てぐん!!!!/

観てない方もそろそろ掛け声ができるようになってきた頃と思います(?)
そして今回もたぶん8割方スンホンボゴ可愛い。天使。可愛さの化身。可愛すぎて死ぬ。くらいしか言ってません。だって可愛い!!!!!しつこいくらい可愛さを押してきたのでそろそろスンホンボゴの可愛さが伝わったのではないかと思うんですが(?)、日によって違ったボゴの可愛さがあるので熱弁したいと思います。
ちなみに上のはスペースが余ってねじ込んだボゴ。カテコで時々じゃんけんしてるんですけど、全敗してたボゴ。じゃんけん後の切なそうな顔がめっちゃ可愛かった!

f:id:mikkerables:20190224161924j:plain
ホンボゴに話しかける時に背伸びするソンイルさんの課長。この前は素で空振ってたけど、どうやら定番化したようです。話聞くときかがんであげるホンボゴ可愛い。いつかやってた、わざと背伸びってのも可愛かったけど。

f:id:mikkerables:20190224161939j:plain
バンド名が「6時退勤」になりそうになって、心の中で毒づくけど、表では賛成するボゴ。悪い表情もめちゃ可愛い。ブラックボゴ。

f:id:mikkerables:20190224162001j:plain
おばあちゃんっ子なウノがおばあちゃんに、仕事つらくないよ、大丈夫だよ…って涙を堪えながら電話するシーン。涙声になりそうになったときにマイク部分を押さえて泣いてることがバレないようにするヒョクソンウノ、健気で泣ける。

f:id:mikkerables:20190224162105j:plain
クンパーで、いやだー!って言ったあとに一瞬するベーが可愛い。ヒョクソンウノも基本的に可愛い。

f:id:mikkerables:20190224162124j:plain
割り勘ね〜って会話で、えん!ぱん!(割り勘)と銃声かけて、ぱーん!って撃ち真似するダヨンさん。もう一回やってください!って何故かリベンジするボゴ。リベンジでやりすぎちゃってめっちゃ白けるボゴが可愛い。どんまい。大げさにコケすぎたせいで、ダヨンさんが去ったあとに、足痛…ってなってるのも含めて可愛い。

f:id:mikkerables:20190224162135j:plain
そんなボゴが大好きなイェスルさんのダヨンもめっちゃ可愛い。ランヨンさんと張るくらい可愛い。

f:id:mikkerables:20190224162155j:plain
カテコ、シャツごと袖まくりしてるスンホンくんも可愛い。ダイナミックな袖まくり。もういっそ脱げば?って思ったけど、この前脱ぐの失敗して引っかかってたから、脱げなかったのかな…?(違います)

f:id:mikkerables:20190224162256j:plain
ちなみにこんなキャストでした。いつ見ても楽しいよそっしてぐん。ほんっっっっっとに好きすぎる。

2019/1/19(土)昼:6時退勤

今日も今日とてスンホンボゴが可愛い。可愛いの権化。みけがみんなに見てほしいランキング2019、堂々の第1位!!!(※暫定)

 

初っ端から飛ばしてしまいましたが、ほんっっっっとにスンホンボゴ可愛いし、スンホンボゴ抜きにしても6時退勤(以下よそっし)めちゃくちゃ楽しいので観てください!!私がよそっしにどハマリしてから4人のフォロワーさんがよそっし観に行かれてるんですけど、みんながみんな楽しかったー!って言われてるので、自信を持ってゴリ押ししていきたいと思います。その内ふたりは帰りにOSTを握り締めて帰宅されたとのことからも、よそっしの楽しさが伝わるかと思います!!!

 

3月2日3月3日(間違ってました😂ちんちゃみあねよ〜)終わってしまうので、もし少しでもねじ込めそうな方、ぜひ観てください!!!!!楽しいから!!!!!!

 

一応ゴリ押ししすぎるのもあれかな……って今までこれでも遠慮してたんですけど、ゴリ押しで気になって観に行きましたー!って言ってもらったので、迷惑を顧みずゴリゴリ押して行きたいと思います、すみません!それにしても、たくさん(自社比)のフォロワーさんが楽しまれてるし、カテコループから離れられなくなったフォロワーさんもいるし、何だったらそのフォロワーさんみんな好み違いそうなのによそっし楽しかったって言ってくれてるので、もうこれはわりと万人受けするタイプの楽しいミュージカルなのでは!?と思い始めました。

 

てことで、よそっしレポ!!!

f:id:mikkerables:20190211111303j:plain

ここのスンホンボゴほんっっっっとに可愛くて。作曲した楽譜見せたら大好きなダヨンさんに、すごい〜って言われて、すごくはないですけど…って言いながらも満更ではないボゴ。めっちゃかっこつけて壁によっかかってるけどダヨンさんは別に気にしてない。笑

 

f:id:mikkerables:20190211113114j:plain

これは前も言った気がするけど、ランヨンさんのダヨンはちゃんとボゴのことが好きっていうか好意を抱いてることが伝わってくるから、なんだか嬉しいし微笑ましい。そして隠し撮りが多い。笑

 

f:id:mikkerables:20190211113144j:plain


 ダヨンさんめっちゃかわいい〜って心の中で思ってるボゴと、心の中なのに勝手に声出す自由なランヨンさんのダヨン。触らせてもらえないで諦めるボゴ。笑 ふたりともいとおしい。

 

f:id:mikkerables:20190211113442j:plain

いとおしいといえば、ソンイルさんの課長もいとおしい。ハイタッチはボゴが心の中でダヨンさんに手を振ってるところで、現実に戻るスイッチとしての役割を持つんですが、空振りしてやり直してたのめっちゃ可愛かったです。ボゴは手を振ってるだけだから別に嫌がらせとかではないんですけど、他のボゴは胸の前とかで手を振ってるところをスンホンボゴは思いっきり腕を伸ばして手を振ってるので絶対故意的だし、もはや嫌がらせといってもいいと思う。笑

f:id:mikkerables:20190211113454j:plain

 

課長と話してる時に屈んだりと、何かと身長ネタを駆使してくるスンホンボゴ。課長も別に小さいわけではないんですけどね!

f:id:mikkerables:20190211113507j:plain

大学で一緒にバンド組んでた設定コンビなふたりが好きです。ギターとベース。ベースのソンジュンがギターのジソクにする無茶ぶりがいつもちょっと違ってて、心から嫌そうなジソクがまた可愛い。

 

f:id:mikkerables:20190211113520j:plain

他のウノとは違って腹黒そうなウノですが、態度もでかかった!!!大先輩を猫のように首元掴んで止めてたのにはほんとに笑いました。インターンなのにめっちゃ横柄やないか!!!ちょっと怒られてた。笑

 

f:id:mikkerables:20190211113532j:plain

その日のキャストはこちら。

 

終わってしまうのがすーーーごく寂しいです。再演よろしくお願いします!!!

そしてひとりでも多くの人がよそっしを観てくれますように!!!!!

2019/1/18(金)夜:ホープ〈読まれていない本と読まれていない人生〉

「これは私だ!この原稿は私だ!」
現代文学の巨匠、ヨーゼフ・クラインの未発表原稿をめぐる、イスラエル国立図書館とエヴァホープの30年間の裁判。

 

〈あらすじ〉
ベストセラー作家だったベルトはどこにも属することのできないまま絶望の中で文を書くヨーゼフの才能に憧れていた。ベルトは原稿を燃やしてくれという言葉を残したままこの世を去ったヨーゼフの才能を守るため、ヨーゼフの原稿を大切に保管する。

ある日、第一次世界大戦が勃発し、ドイツがチェコを占領し、ベルトは恋人マリーにまた会えることを誓い、原稿を残して発つ。マリーは避難下でも、ベルトとの約束を守るため、原稿に執着して生きていくことになり、マリーの娘ホープは原稿だけを見つめる母のそばで銃声が飛び交う現実から抜け出そうと努力する。

新しい人生を探し始めたホープが出会った、一筋の光のような存在、カデル。長く彷徨い、中年になったホープの前にまた現れた原稿。

エヴァホープにとって原稿とは、一体なんだったのか。

 

〈登場人物〉

ホープ
自分自身を一度も覗き見たことがない外見の78歳の老婆。過去の記憶に縛られて生きていく人物。

▽K
魅力的な外見を持つ、原稿が擬人化した人物として書かれていたが、一度も読まれたことのない不運な原稿。

▽マリー
ホープをひとりで養う未婚の母で、ベルトの恋人。戦争中に全てを失い、原稿にだけ執着する人物。

▽過去のホープ
誰にも関心を持たず、誰にも覗き見なかった人生。原稿だけ見つめる母と戦争から抜け出そうとする人物。

▽ベルト
ヨーゼフの友だちであり、小説家。
ベストセラー作家だったが、ヨセフに憧れており、その原稿を守ることが人生の目的だった人物。

▽カデル
パレスチナに逃亡してきたユダヤ人難民。夢を見たがった純真でお人好しな青年。

 

 

という、なんとも難しそうなミュージカルを観に行ってきました。法廷劇とか日本でもあんまり観たことないのに、言語がわからない私が観て楽しめるのか!?って感じでしたが、内容はやっぱりよくわかりませんでした。ざっくりと、こういう流れなのかなーレベル。ざっくりともわからなかった場面も多々あったり。元々理解力ないしね!私!でも、それでもミュージカルとしての完成度が高くて、面白い演出も多くて、俳優さん達は当然のように歌うま揃いだし、最後は号泣してました。内容わかってないくせに、ホープの感情が伝わってくるようで、涙が止まらなかったです。

 

さあ、そんなホープですが、内容わかってないくせに真面目なレポなんてできるわけもないので、相変わらずの主観ゴリゴリなレポ始めまーす!!!スンホンくん可愛いしか言ってないよ!!!でもうっすらネタバレあるよ!!!

 

f:id:mikkerables:20190211095243j:plain

スンホンくん可愛いのは知ってた。知ってたけど、ヒョンギュンさんとのペアだと尚更可愛いことは知らなかった。可愛すぎた。スンホンくんが気になり始めた頃にやたらヒョンギュンペンさんからスンホンくんのことを教えて頂いて、ヒョンギュンさんがスンホンくんのことを可愛がってくれてる(くれてる?)ことやヒョンギュンさんが身長ネタでよくいじってることは知ってたんですけど、なにこのふたり……一緒にいたら可愛さ2倍やん!!!!!!!!!

f:id:mikkerables:20190211103325j:plain

一回抱きつこうとして失敗するも、めげずに再度抱きつく、ていうか飛びつくスンホンくんの可愛さ、プライスレス。降りたあとにヒョンギュンさんが「何してんだよ〜」とばかりに軽く小突いてたのもめっちゃ可愛かった。仲良しすぎる。翌日はヒョンギュンさんがスンホンくんに飛びついてたと聞いて、なにそれ仕返し?可愛すぎるな?????って萌え通り越して困惑しました。

f:id:mikkerables:20190211103719j:plain

 ホープのカンパニーの開演前の円陣が可愛すぎると私の中でもっぱら評判ですが、劇中に出てきたニャンニャン〜♪を見て、納得!これか!!!

www.instagram.com

ちなみに円陣はこれ。あ〜〜〜可愛すぎる。

 

f:id:mikkerables:20190211104019j:plain

終盤に説明する?って感じですが、スンホンくんが演じるカデルというキャラクターは、カデル役と弁護士役の二役です。弁護師って何??????って思った方はそっと脳内変換してあげてください。レポ書きながら気づいたけど、もう修正するには面倒くさい段階だったんだ。カデルもだけどベルトも裁判長と二役やってます。

弁護士は、イスラエル国立図書館側の弁護士で、ホープとは対立する立場。所有権をめぐって、ホープと法廷で戦うわけです。弁護士なので、冷静沈着、時々いやーな表情もする。一方カデルはユダヤ人の青年で、パレスチナにひとり逃げてきた難民です。結果的にホープを裏切るわけですが、その裏切る時の苦痛の表情から、はじめから騙すつもりだったわけではなくて、でも魔が差したわけではなく確固たる意志でああいった結果になったんだろうなと。ホープのことはちゃんと好きで、だけど生きていくためには仕方なかった。去り際、縋るホープを見ながらすごく辛そうな顔をするんですよね。出会う場所、時代が違えば幸せになれただろうな。だって、ホープを抱き締める時の幸せそうなカデルの表情が嘘なんて絶対思えないですもん。

 

f:id:mikkerables:20190211104906j:plain

 愛おしそうに、ギューッて。だからこそ尚更あとの展開がつらい。それはそうと身長差あるからスンホンカデル思いっきり下向いて抱き締めるんですけど、その角度もめっちゃツボ!!!(シリアスが台無し)

 

ほんとにカデルの話しかしてないな……。内容は法廷劇だし殺伐とした場面もあるんだけど、全体的にあったかみがある舞台芸術でした。

 

f:id:mikkerables:20190211105746j:plain

法廷劇っていってもホープの過去と行ったり来たりで、カデルや過去のホープは過去の場面で出てきます。いや過去のホープはそりゃそうだろって感じですが。構成も面白かった。

 

そもそも主人公が原稿という、擬人化といってもなかなか謎な設定なんですけど、これがまた面白い。原稿に執着して生きてきた老婆、と一言で言ってしまうとすごく悲しいけど、原稿が擬人化されて人の形をして存在することで、「原稿と寄り添って生きてきたホープ」として私の目には映りました。まあ、内容はさっぱりわかってないんですけどね。

 

今回はトライアウト公演ということで、3月末から本公演が始まるミュージカル・ホープ。折角なのでできるだけ理解したいなあ。予習頑張りたいと思います。

 

f:id:mikkerables:20190211110617j:plain